toukou1

パニック障害には、病院での適切な治療が必要です。

パニック障害はある日突然に、動悸や心拍数が増加し、息苦しさを感じて身震いしたり

胸部や腹部の不快感を感じてひどく汗をかいたりして、自分が死んでしまうのではないかと

思うくらい強い不安感におそわれれる病気です。

 

 

 

パニック障害を起こしてしまう原因は現在研究されていますが、脳内の神経伝達物質の

異常が深くかかわっているのではないかと言われています。

ノルアドレナリンによって起こる不安感を抑制するために分泌される、セロトニンという物質が

不足していたり過剰だったりすると、パニック障害を起こす要因につながります。

また、自分の身に危険がせまっていると感じたとき、ノルアドレナリンが分泌されて危険を知らせようと

しますが、パニック障害の人はノルアドレナリンが過剰に分泌されすぎるのではないかと、考えらています。

 

 

 

現在パニック障害の治療には、三環系抗うつ薬・抗不安薬・SSRIという新型抗うつ薬などが

使われていますが、根気よく薬を服用することで症状が改善する場合が多く見られます。

心身をリラックスできる状態にするために、自律神経の働きをスムーズな状態にもどしていく

自律訓練法という心理治療なども効果的です。

 

 

 

パニック障害はほおっておくと次第に悪化し、発作を恐れて行動範囲がせまくなったり発作が起こる

不安からうつ病になってしまうこともあります。パニック障害かなと思ったら、早く病院を受診し

専門の先生に適切な治療をしてもらうことが大切です。

パニック障害の原因を知る

 

 

 

 

 

Leave a Reply